メガディアについて詳しく知る

レイバンとトムフォードはどこの国のどんなブランド?年齢層・価格などを徹底比較!

レイバンとトムフォードは数多くのセレブが愛用しているアイウェアブランドです。眼鏡ブランドの中で一番人気なのはレイバンで、2番目に人気があるのはトムフォードです。

レイバンはメガネ屋さんに行ったことがない人でも知っているほど知名度があります。トムフォードは百貨店の化粧品売り場でブースを構えており、高級なイメージがあります。

両ブランドにはそれぞれ独自の特徴があり、さまざまなちがいがあります。

今回は、レイバンとトムフォードのブランドイメージ、デザイン、価格帯、ブランド発祥国などのちがいについて解説します。

目次

レイバンとトムフォードはどこの国?

レイバンはアメリカの老舗ブランド、トムフォードはイタリアの新興ブランドです。

両ブランドの歴史を解説していきます。

レイバンはどこの国?

レイバンはアメリカでボシュロム社が1937年に創立した老舗サングラスブランドです。

イタリアの眼鏡メーカー「ルクソティカ」が、ボシュロム社からレイバンを買収してハウスブランドとして保有しています。

ルクソティカについては次の記事でくわしく解説しています。

トムフォードはどこの国?

トムフォードはイタリアで2005年に設立された比較的新しいブランドです。

グッチ、イブ・サンローランのクリエイティブディレクターとして活躍したトム・フォード氏が独立して立ち上げました。

トム・フォードはスーツやコスメなども展開していますが、ブランドを今の地位に押し上げたのはアイウェアです。ちょっと特殊なブランドですね。

レイバンとトムフォードのデザインの違い

レイバンとトムフォードのデザインの特徴はブランド発祥国やブランド創設者の影響を受けています。

両ブランドのメガネのちがいとそれぞれの特徴を解説していきます。

レイバンとトムフォードのメガネの違い

わかりやすいところで言うと、ブラックの色味が異なります。トムフォードのほうが純粋な黒に近く、光沢感があります

ウェイファーラーとTF5178の比較

トムフォードのアジアンフィットのほうがレンズの傾斜がゆるやかで鼻パッドも大きいので掛けやすいと思います。

ウェイファーラーとTF5178の比較

レイバンのウェイファーラーのメガネについては次の記事でくわしく解説しています。

レイバンのデザインの特徴

レイバンの代表的なモデルは何十年も同じ形のまま変わっていません。定番デザインが多く、カジュアルなスタイルに合わせやすいものが多いです。

流行は追わず、伝統的な王道クラシックの変わらない良さがあります

レイバンのデザインの特徴は次のようになります。

  • ロゴや装飾が目立たない
  • クラシカルなデザイン
  • シンプルで実用的

レイバンのデザインは、ミリタリーやアウトドアを意識したワイルドさが特徴です。

無骨で力強いアメカジファッションのイメージがあります。

代表的なモデルをいくつかご紹介します。

トムフォードのデザインの特徴

トムフォードは個性的なデザインが多く、ハイエンドブランド「Dior」「GUCCI」などのメガネに似ています。

新しいモデルが次々と発売され、最先端の流行を生み出しているブランドです。

都会的で洗練されたイメージがあります。

トムフォードのデザインの特徴は次のようになります。

  • ロゴや装飾が目立つものが多い
  • ベーシック~モダンまで幅広いデザイン
  • トレンドを先取りしたデザインもある

デザインに関しては、高級感・エレガントさ・セクシーさを重視しています。ゴージャス系のセレブの多くが愛用しています。

トム・フォードの代表的なモデルをいくつかご紹介します。

  • TF-5178
  • TF-5040
  • TF-237

商品ラインナップはメガネフレームが中心で、サングラスは多くありません。

レイバンとトムフォードの価格帯

レイバンとトムフォードの最大のちがいは価格です。トムフォードの価格はレイバンの2倍以上します。

プラスチックフレームに関しては、トムフォードのほうが品質が高いので、価格差は納得できます

トムフォードのTF5178のメタル飾り

レイバンとトムフォードの価格帯をご紹介します。

レイバンの価格帯

レイバンはどこのメガネショップに行っても置いてあり、手に入りやすいブランドです。セレブも愛用していますが、庶民的なブランドです。

比較的手頃な価格帯で、フレームもサングラスも2万円以下で購入できます。

ネットなら人気モデルのサングラスが1万3千円ほど。ネットのレイバンおすすめショップについては次の記事でくわしく解説しています。

トムフォードの価格帯(値上げされました)

トムフォードはどこでも買えるブランドではありません。

百貨店メガネサロンやパリミキなどの格式の高いメガネショップしか販売していません。

トムフォードは、フレームもサングラスも5万円くらいします。ハイエンドな最高級アイウェアという位置づけです。

2023年2月から国内正規品の定価が大幅に値上げされました。それに伴い、並行輸入品(海外正規品)の価格も値上げになりました。

従来価格で仕入れた在庫を抱えているネットショップのトムフォードの価格は据え置かれているようなので、欲しい品番があれば、今のうちに購入することをオススメします。

いちばん人気のTF-5178Fの値上がり率がとくに大きく、3,000円ほど高くなりました。

created by Rinker
TOM FORD(トムフォード)
¥23,500 (2024/04/23 21:50:33時点 Amazon調べ-詳細)

レイバンとトムフォードが人気の年齢層

レイバンとトムフォードはどちらかと言うと男性から支持されているブランドです。

ここでは、両ブランドの人気の年齢層をご紹介します。

レイバンの年齢層

レイバンは、高校生からご年配の方まで幅広い年齢層から支持されています

お手頃な価格帯ということもあり、「おしゃれサングラス」として若い世代がよく掛けています。また、初めてのサングラスとして購入する人がとても多いです。

レイバンを気に入って、何度もリピートする人がいる一方、こだわりが生まれて他のサングラスにチャレンジする人も結構います。

バイデン大統領はレイバンのアビエーターを昔からずっと愛用しているそうです。

レイバンのアビエーターについては次の記事でくわしく解説しています。

トムフォードの年齢層

トムフォードは若い世代よりも30代・40代以上の人から支持を集めています

レイバンのサングラスは夏が終わると、50%OFFで販売されることがありますが、トムフォードは安売りされることはありません。

高級ファッションブランドとして認知されていて、ある程度お金に余裕のある「大人」のためのアイウェアです。

高校生や大学生が掛けていると、違和感があるかもしれません

グッチやイブ・サンローランのファッションデザイナーが立ち上げたブランドですからね。

【まとめ】レイバンとトムフォードの違い

今回は、レイバンとトムフォードの違いについて解説しました。

どちらのブランドも独自の魅力があり、多くのファッション好きに愛されています。

それぞれのブランドが得意とするスタイルやシーンに合わせて、自分に合ったメガネを選びましょう。

さいごにレイバンとトムフォードの特徴のおさらいです。

レイバンの特徴

  • カジュアル
  • 大衆ブランド
  • 価格がお手頃
  • クラシカルなデザイン
  • おしゃれなイメージ

トムフォードの特徴

  • カジュアル~フォーマル
  • ハイエンドブランド
  • 価格が高い
  • モードなデザイン
  • 高級アイウェアの”特別感”
PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログへ
シェアして頂けると嬉しいです。よろしくお願いします。
  • URLをコピーしました!
目次