メガディアについて詳しく知る

レイバンサングラス RB4258-FとRB4259-Fの違いを徹底比較

RB4258-FとRB-4259Fは性別関係なく掛けられるユニセックスモデルです。

クラシカルとモダンの要素をバランスよくミックスした普遍的なデザインのため、幅広い年齢層から支持されています。

また、RB4258-FとRB-4259Fは見た目やスペックが似ているので、どちらをえらんだらいいのか迷っている人も多いのではないでしょうか。

どちらかというと、細身でリラックス感のあるRB4259-Fは女性から人気があり、適度なシャープさを備えたRB4258-Fは男性から人気があります。

どちらもボリューム感ある見た目ですが、軽量で弾力性のあるフレーム素材のため、掛け心地は快適です。

今回は、レイバンのRB4258-FとRB-4259Fの形状・サイズ・素材・重さなどを徹底比較していきます。

目次

レイバン 4258と4259の違い

RB4258-FとRB4259-Fは兄弟モデルと言えるほど見た目とスペックが似ています。

ですが細かく見ると両モデルにはちがいがあります。

両モデルを次の項目で比較していきます。

  • レンズシェイプ
  • サイズ
  • 重さ
  • 鼻幅
  • 素材

比較する型番は「RB4258-F 601/80 52サイズ」と「RB4259-F 601/80 53サイズ」。

どちらも人気のブルーレンズのサングラスです。

レイバンの型番の見方ブルーレンズのサングラスのイメージについては次の記事でくわしく解説しています。

レンズシェイプの違い

どちらもレイバンらしいクラシカルな雰囲気を残しつつ、今っぽくアレンジされたオシャレなデザインです。

RB4258-F 601/80
RB4259-F 601/80

下の画像はRB4258-FとRB4259-Fを同じ条件で撮影し、縮尺の比率も揃えたものです。

どちらもクラシカルな意匠のキーホールブリッジとスキニーで現代風のレンズシェイプのバランスが絶妙です。

鍵穴(キーホール)のような形状のブリッジをキーフールブリッジと言います。

両モデルの印象のちがいは次のようになります。

スクロールできます
形状印象
RB4258-Fウェリントン型モダンでスタイリッシュな印象
RB4259-Fボストン型柔和で少しレトロな印象

テンプル(つる)は共通のものが使われています

サイズの違い

両モデルのサイズ感はほとんど変わりませんが、縦幅も横幅もRB4259-Fのほうが少し大きいです。

RB4258-FとRB4259-Fのサイズスペックは次のようになります。

RB4258FRB4259F
レンズ横幅52mm53mm
ブリッジ幅20mm20mm
テンプル長150mm150mm
レンズ縦幅44mm44.5mm
フロント全体縦幅48.5mm49.3mm
フロント全体横幅143.5mm144mm
左右テンプル内寸141mm140mm
重量28.4g28.7g

RB4258-FとRB4259-Fではフロントとテンプルの合わせ方が異なります。

そのため、左右テンプルの内寸はRB4258-Fのほうが大きいです。

RB4258-Fのテンプルは外側に広がっているため、少しゆったりしたフィット感になります。

一方、RB4259-Fのフロントとテンプルは45度でピタリと合っているので、テンプルはまっすぐ伸びています。

重さの違い

両モデルの重さはほぼ同じ。

  • RB4258-F・・28.4g
  • RB4259-F・・28.7g

フレームが軽量プラスチック素材で、レンズもプラスチック製のためレイバンサングラスの中でかなり軽いモデルになります。

ちなみにアセテート素材のフレームにガラスレンズを使用したウェイファーラー(RB2140-F 52サイズ)の重量は46.2gもあります。

RB4258-FとRB4259-Fのほうが耳や鼻への負担が少なく、長時間着用しても疲れにくいと感じます。

鼻幅の違い

丸いデザインのRB4259-Fのほうが少しだけ鼻幅が狭くなっています。

ブリッジの長さは同じなので、鼻幅の差はレンズシェイプのちがいによるものです。

どちらもアジア人向けのフルフィットモデルですが、鼻当ての盛り上がりが小さいので、鼻の低い人にはフィットしない可能性があります。

素材の違い

RB4258-FとRB4259-FにはCP材という珍しい素材が使われています。

安価なメタルフレームの耳当てパーツに使われる素材ですね。

CP材のメリットとデメリットをまとめると次のようになります。

メリット
デメリット
  • 製造コストが安い
  • 軽くて弾力性がある
  • 変形しにくい・経年劣化しにくい
  • 染色が簡単なので、デザインの自由度が高い
  • 質感が安っぽい
  • 傷がつきやすい
  • 肌触りが悪い

普段メガネをかけない人は、サングラスの重さで鼻や耳に負担を感じてしまうことがあります。

RB4258FとRB4259Fの素材は軽くて弾力性があるので、掛け心地は快適です。

レイバンの欠点である「歪み」が発生しにくいのも嬉しいですね。

ただ、CP材にはデメリットもあります。新品の状態にもかかわらず、数年使用したアセテートのような枯れた質感です。

表面が柔らかく傷がつきやすいので、扱いに注意が必要です。実際、何度か使っただけで擦り傷やひっかき傷がたくさんついてしまいました。

かけたときの感触もアセテートのような温かみのあるしっとりしたものではなく、肌触りがザラザラしています。

【まとめ】RB4258FとRB4259Fのどっちにする?

今回はRB4258-FとRB4259-Fのちがいについて解説しました。

両モデルの共通の特徴をまとめると次のようになります。

RB4258-FとRB4259-Fの共通の特徴
  • スタイリッシュな今っぽいデザイン
  • 大きめのインパクトがあるサイズ感
  • 軽くて弾力性のある素材を使っているから疲れにくい

両モデルを比較すると次のようなちがいがあります。

RB4258-F
RB4259-F
  • 男性から人気
  • 鼻幅が広い
  • シャープなフォルム
  • 縦幅と横幅が小さい
  • 左右テンプルの内寸は広い
  • 女性から人気
  • 鼻幅が狭い
  • 柔らかいフォルム
  • 縦幅と横幅が大きい
  • 左右テンプルの内寸は狭い
created by Rinker
Ray-Ban(レイバン)
¥15,989 (2024/04/24 12:46:26時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
Ray-Ban(レイバン)
¥16,415 (2024/04/24 02:43:16時点 Amazon調べ-詳細)

RB4258-FとRB4259-Fと似ている「Erika」というモデルもあります。次の記事でErikaについてくわしく解説しているので、よかったらご覧ください。

PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログへ
シェアして頂けると嬉しいです。よろしくお願いします。
  • URLをコピーしました!
目次