メガディアについて詳しく知る

レイバンの偽物の見分け方をメガネのプロが徹底解説!どう見分ける?

  • 安くネットで購入したものの、偽物のような気がする
  • 偽物は絶対に買いたくない
  • レイバンの偽物を見分ける方法を教えて!

レイバンは偽物が多いという話を聞いたことがあるかもしれません。実際、偽物は思っている以上に多いのが現状です。

安物の偽物なら一目瞭然ですが、中には本物にしか見えないスーパーコピー品が出回っています。本物より作りがいい偽物すらあります。

この記事では、香港で購入した安い偽物のウェイファーラーと本物を比較しながら、偽物の見分け方を解説します。

目次

レイバンの偽物を見分ける3つのポイント

レイバンの偽物を見極めるポイントは3つあります。

  • デザイン
  • 品質
  • 価格

安い偽物の見分け方は簡単。公式サイトのカタログ写真を見比べたら一目瞭然。デザインが違います。

「偽物」として販売されることが前提なので、見た目が明らかに違うことが多いです。

レイバンから怒られないように、あえて全く同じにせず、偽物だとわかるように作っています。

品質面でも手に取った瞬間に明らかにおかしい、と感じるはずです。

深センの偽物マーケットの話

偽物を精巧に作りすぎると摘発されるリスクが高くなるようです。

今年、中国の深センで偽物を製造する眼鏡会社が摘発されました。罰金を支払っただけで、営業は続けています…。当局の取り締まりも厳しくなっているようで、以前より偽物のブランドメガネは減った印象があります。

とはいうものの、今でも深センには偽物ばかり取り扱う眼鏡マーケットがあります。技術力のある工場が集まる深センだけあって、マーケーットに並ぶ偽物の作りはそこそこ綺麗です。

東南アジアのナイトマーケットに並んでいる、おもちゃのような偽物とは比べ物にならない程のクオリティーです。メガネ屋さんやメガネに詳しい人でない限り、見破れないと思います。

レイバン ウェイファーラーの偽物の見分け方

比較する商品はウェイファーラー「RB-2140F 901 54」。

  • 偽物:5年くらい前に香港で数千円で購入したもの
  • 本物:ネットで購入した海外正規品(並行輸入品)

パッと見ただけでは、違いが分かりにくいですが、よく見るとデザインと質感が全然違います。

公式サイトの写真と照らし合わせて間違い探しをすれば、見破れます。

ウェイファーラーの本物と偽物を詳しく比較していきます。偽物の種類は無限にあり、ここで紹介する偽物は一例にすぎません。

飾り・フロント両端デザイン

本物の飾りは細長いですが、偽物は丸みが強いです。フロントとテンプル(つる)を合わせる角度が異なります。

本物は45度で合わせているのに対し、偽物は90度で合わせています。

ロゴ

偽物のロゴは雑な作りです。ロゴがついている場所がテンプルの根元から離れています。

本物と偽物ではロゴのフォントが違いますね。

レンズ傾斜角とテンプルのデザイン

偽物はレンズの傾斜がありません。テンプルの形状も丸みを帯びています。

本物はレンズの傾斜がきつく、テンプルの形状にエッジが効いています。

蝶番

偽物の蝶番は埋め込まれています。本物は7枚蝶番でカシメてあります。

偽物の塗装は汚いです。塗料が垂れて固まっている箇所があります。

鼻盛りの形

本物と偽物では鼻盛り(鼻パッド)の形が違います。

重さ

偽物は、ポリカーボネイト製。手に持った瞬間に、違和感を感じるレベルの違いです。明らかに軽いのです。

本物のウェイファーラーの素材はアセテートです。

本物の重さは48.6gに対し、偽物は27.5gです。ガラスレンズを採用しているので、ウェイファーラーは重いのです。

付属品(ケース・外箱・メガネ拭き)

レイバンサングラスの付属品(外箱・ケース・メガネ拭き)を比較していきます。

外箱

化粧箱(外箱)に印字されたブランドロゴは見分けるのが難しいです。

ですが、「Rマーク」と「SUNGLASSES」の文字の大きさが異なります。

ケース

本物自体が安っぽいので、見分けるのが困難です。質感は全く同じです。

ケースに印字されたロゴで見分けられます。本物のロゴは黄色っぽく、偽物は白っぽいです。

メガネ拭き

本物のメガネ拭きのほうが大きいです。本物が18.5cmに対し、偽物は13cm。

レイバンの偽物は価格が安い

安いレイバンは偽物と思って間違いありません。価格でレイバンの偽物を見分けられます。

信頼できるネットショップの最安値より安ければ、偽物確定です。

信頼できる最安値のネットショップを4つご紹介します。

  • メガネ・サングラスのThat’s(楽天)
  • グラスマニア(楽天)
  • Amazon本体(Amazon)
  • サングラスハウス(楽天)

メガネ・サングラスのThat’s、グラスマニア、Amazon本体はレイバンの国内正規品を扱っています。ネットでレイバンを一番売っているお店なので、仕入れ単価が安いです。これらのショップより安く販売されている国内正規品は、偽物と判断して間違いありません。

サングラスハウスは海外正規品(並行輸入品)を扱っています。ネットで多店舗展開していて、レイバンを大量に販売しています。価格交渉力があり、安く仕入れています。サングラスハウスより安い並行輸入品は、疑ったほうがいいかもしれません。

レイバンのスーパーコピー品の見分け方

本物と全く同じにしか見えないスーパーコピー品はどう見分けたらいいのでしょうか。

スーパーコピー品は完成度が高く、プロでも見分けることは困難です。検査機関に出して材質などを調べてもらわないと見分けられないレベルです。

レイバンは価格は高いですが、作るのが難しい製品ではありません。作ろうと思えば、全く同じものを作れます。

スーパーコピー品のレイバンが出回るルートはいくつかあると思います。

  • レイバンから製造を委託された中国の工場が余分に作った分を横流しする
  • 委託製造している間に作り方をマスターした工場が契約終了後もこっそり作り続ける
  • 経営に困った工場が偽物の製造に手を染める
中国でレイバンの偽物を見た話

数年前、中国の厦門(アモイ)という田舎町のメガネ工場を何社か視察したときのことです。

案内役を務めてくれていた人が「見せせたいものがある」というので、ついていきました。オートロック式のマンションに着き、部屋に入ると、部屋を埋め尽くすように箱が積まれていました。

「これ全部レイバンの偽物です。欲しいものを何本でも持って行っていいよ」と、案内役が言いました。箱を開けると、レイバン(偽物)が入っており、どうやらマンションの一室を偽物を保管するための倉庫として使っているようでした。

あらゆる品番が在庫してあり、人気のウェイファーラーなどは大量に縦積みされています。中には、本家が作っていない品番まであり、豊富な品揃え。

興味があったので、箱を開けて商品を順番に見ていきました。まず驚いたのが、品質の高さです。本家本元のレイバンと同じかそれ以上。

ロゴ、タグ、箱、箱に貼っているバーコードシール、ケース、説明書に至るまで本物と同じように見えました。

「どこの国に輸出するのか」と聞くと、ほとんど香港に輸出するとのこと。香港はアジアのレイバンの流通拠点であり、レイバンを取り扱う商社がたくさんあります。

中国のこんな田舎町のマンションの一室に大量の偽物が保管されているということは、「中国全土、いや世界中にどれだけの量の偽物があるのか」と恐ろしくなりました。

「税関で引っかかると困る」という考えもよぎりましたが、本物と偽物を見破れるかどうか試したい、という思いもあったので、偽物を3本もらって帰りました。

日本に帰って、同僚に商品を見せてました。会社に在庫していた本物と見比べましたが、違いはわかりませんでした。

【まとめ】レイバン偽物の見分け方

今回は、レイバンの偽物の見分け方について解説しました。

安価な偽物は見分けるのは簡単です。デザイン・素材・作りの精巧さが違うからです。

問題は本物そっくりの偽物の存在。見分けるのが難しく、メガネ屋さんでも見分けられません。

ネットで安く手に入れてラッキーと思っていても、偽物をつかまされているかもしれません。みなさんが思っている以上にレイバン偽物はたくさん出回っています。

レイバンは信頼できるショップから購入したほうがいいと思います。

PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログへ
シェアして頂けると嬉しいです。よろしくお願いします。
  • URLをコピーしました!
目次