メガディアについて詳しく知る

レイバン ウェイファーラー RB2140F 52サイズと54サイズどっちを買うべき?

  • 52サイズと54サイズの違いは?
  • 52サイズと54サイズのどちらが人気?

「ウェイファーラー(RB2140-F)」は、レイバンサングラスの中でも特に人気があります。

ネットで型番検索して購入する人が多い超有名モデルです。

ウェイファーラーには52サイズと54サイズの2つのサイズあるので、どちらを購入すべきか迷っている人も多いのではないでしょうか。

ウェイファーラーの52サイズと54サイズは単なるサイズちがいではありません。デザインが全然ちがいます

レンズシェイプ、デザインの太さ、鼻パッドの形状が異なります。ウェイファーラーと聞いて思い浮かべるシルエットは、52サイズのほうです。

販売比率は「8:2」くらいで、52サイズのほうが圧倒的に人気があります。

この記事では、サングラスの王者「ウェイファーラー」の52サイズと54サイズを徹底比較していきます。

目次

ウェイファーラー RB2140-Fの52と54を比較

ここではウェイファーラーの52と54を次の5つの視点で比較していきます。

  • サイズ感
  • レンズシェイプ
  • ブリッジの太さ
  • リム(レンズを囲う枠)の太さ
  • 鼻幅・鼻盛りの形状

それぞれ詳しく解説していきます。

サイズスペック・重さ

ウェイファーラー52と54のサイズ比較の画像

同じ環境で撮影しているので、サイズえらびの参考になれば幸いです。

54のほうが縦幅があり、大きく見えますが、横幅はほとんど変わりません

52と54のサイズスペックは次のようになります。

52サイズ54サイズ
レンズ横幅52mm54mm
ブリッジ幅22mm18mm
テンプル長150mm150mm
レンズ縦幅42.7mm46.9mm
フロント全体縦幅48mm51mm
フロント全体横幅146.1mm147.8mm
左右テンプル内寸145mm145mm
重量46.2g47.9g

レンズの横幅がが2mmちがいますが、54のブリッジ幅が52より4mmせまいので、全体横幅はそれほど変わりません

ウェイファーラー52の各サイズの数値を記入した画像
ウェイファーラー54の各サイズの数値を記入した画像

フロントの全体横幅は54のほうが少し大きい程度です。

ウェイファーラー52の横幅の画像
ウェイファーラー54の横幅の画像

左テンプルから右テンプルの内寸はどちらも145mmです。

54サイズのほうが、ゆったりしたフィット感かと思いきや、掛けたときのフィット感は同じです。

フロントとテンプル(つる)の合わせ方が異なるためです。

ウェイファーラー52と54のサイドのデザインの比較画像

上の画像でわかるように、54サイズのテンプルはフロントの内側で合わせています。

重さはほとんど変わりません。52サイズが46.2g、54サイズが47.9gです。

ウェイファーラー52と54の重さの比較画像

レンズシェイプの違い

ウェイファーラー52と54のレンズの形の比較画像
※同じ環境で撮影した画像

52はエッジの効いた横長の逆台形で、54は丸みを帯びた縦長の逆台形です。

52と54では縦横の比率が異なり、レンズシェイプそのものが違います。同じモデルのサイズちがいとは思えません。

どちらもリム(レンズを囲う枠)が太いので、存在感があります。サイズスペック以上に大きく感じます。

フロントの全体縦幅が3mmちがうので、顔に載せたときの印象はかなり変わります。

ブリッジの太さ

ウェイファーラー52と54のブリッジの比較画像
※同じ環境で撮影し、拡大比率も同じです。

54サイズのブリッジのほうが太いです。ブリッジの太さはサングラスの印象に影響します。

52はシャープな印象、54は重たい印象になります

54サイズはレンズが大きくブリッジが太いのでインパクト強めです。

リム(レンズを囲う枠)の太さ

ウェイファーラー52と54のリム(枠)の太さの比較画像

52のリム(レンズを囲う枠)のほうが太くて厚みがあります

52サイズは無骨で力強く凛々しい印象です。アメリカって感じがしますね。

ラフな服装にピッタリです。

鼻幅と鼻盛りの違い

ウェイファーラー52と54の鼻パッドの比較画像

鼻幅と一体型の鼻パッド(鼻盛り)の形や位置が違います。

52サイズと54サイズの鼻パッドの違いをまとめました。

52サイズ
54サイズ
  • 鼻幅:22mm
  • 鼻盛りが小さい
  • 鼻パッドの位置が低い
  • 鼻幅18mm
  • 鼻盛りが大きい
  • 鼻パッドの位置が高い

私には54サイズのほうがフィットします。レンズがまつ毛や頬に当たりません。

54サイズが女性向け、というわけではありません。どちらがフィットするかは掛けてみないとわかりません。

一般的に、鼻盛りの位置が下の方にある52サイズのほうが日本人向けと言えます。

ウェイファーラー52と54のどっちが人気?

52サイズのほうが断然人気です。

ウェイファーラーと聞いて思い浮かべるのは52サイズのシルエットです。欧米で販売されているオリジナルウェイファーラーの50サイズとデザインがほぼ同じです。

ウェイファーラー50サイズの正面写真

欧米仕様の50サイズのデザインが個人的にいちばん好きですが、残念ながら日本では流通していません。鼻盛りがないため、ほとんどの日本人は掛けられません。

ここからは、ウェイファーラー「RB2140-F」の52サイズと54サイズそれぞれの魅力をご紹介していきます。

RB2140-F 52サイズが人気の理由

ウェイファーラー52の正面画像

52サイズが人気の理由はいくつかあります。

  • 大きすぎず小さすぎず、ちょうどいい大きさ
  • ベーシックな形状なので、シンプルに掛けやすい
  • SNSや雑誌などで、芸能人や海外セレブが着用している

サイズ感がちょうど良く、シルエットが綺麗です。たくさんの有名人が愛用しているので、所有欲を満たしてくれる逸品です。

すごく有名なモデルなので、ひと目見ただけでウェイファーラーだとわかります。

サングラスが初めての場合、52サイズのウェイファーラーを選べば間違いありません。ウェイファーラーを掛けていて、ダサいと思われることはまずありません。

ウェイファーラーでサングラスデビューして、使っているうちに自分の好みを確立して、他のブランドに移行する人が多いですね。

価格もお手頃なので、入門サングラスとして最適です。

created by Rinker
Ray-Ban(レイバン)
¥27,610 (2024/04/24 13:08:14時点 Amazon調べ-詳細)

RB-2140F 54サイズが人気の理由

ウェイファーラー54の正面画像

ウェイファーラーっぽさはないですが、54サイズには独自の魅力がたくさんあります。

  • 鼻幅が狭く、鼻盛りが大きいのでフィットしやすい(人による)
  • レンズ縦幅があるので、眉毛が隠れやすい(人による)
  • 角がないので、リラックス感ある雰囲気

レンズが大きいので、流行りのオーバーサーズ気味に掛けられる点もgood。

created by Rinker
Ray-Ban(レイバン)
¥27,610 (2024/04/24 13:16:56時点 Amazon調べ-詳細)

ウェイファーラーの50サイズはないの?

ウェイファーラー「RB2140-F」の52サイズでも大きいと感じる人もいると思います。

そんな人にはウェイファーラーの派生モデルの50サイズがオススメです。

デザインは少し変わりますが、折りたたみ式のウェイファーラーであれば50サイズのものがあります。

品番は「RB4105」になります。RB2140-Fとは素材がちがうため、雰囲気はだいぶ変わります。

折りたたみウェイファーラーについては次の記事でくわしく解説しています。

50サイズのメガネタイプのウェイファーラー「RB5121-F」に色付きレンズを入れてサングラスにするのもアリです。

ウェイファーラー52と54の評判・口コミ

Twitter上のウェイファーラー52サイズと54サイズの評判・口コミをまとめました。

52サイズと54サイズのどっちにしようか迷っている人がたくさんいるようです。

52は定番」「52はぴったりサイズ」「54はタモリ感がある」などの口コミがありました。

実際の口コミをみる

【まとめ】ウェイファーラー(RB-2140F)52と54 どっちが正解?

今回は、レイバンウェイファーラー(RB-2140F)の52サイズと54サイズについて解説しました。

52サイズと54サイズにはたくさんのちがいがあります。

レンズ横幅だけでなく、レンズシェイプやフレームデザインがちがいます。同じモデルのサイズちがいとは言えないほど、「見た目の印象」や「掛け具合」が大きく異なります。

52サイズのほうが圧倒的に人気があり、デザインが欧米仕様のオリジナルウェイファーラーに似ています。

どちらを購入するにしても、レイバンサングラスは顔にフィットしない可能性があります。鼻あてが小さく、フロントが傾いているからです。

お店で試着してから購入することをオススメします。

PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログへ
シェアして頂けると嬉しいです。よろしくお願いします。
  • URLをコピーしました!
目次