メガディアについて詳しく知る

【徹底レビュー】レイバンの折りたたみウェイファーラーは壊れやすい?

  • 折りたたみウェイファーラーの耐久性が気になる
  • 通常のウェイファーラーとのデザインやサイズの違いは?
  • 商品を実際に使っている人の感想が知りたい

レイバンのウェイファーラーには、折りたためるタイプがあります。

折り畳んだ状態はとてもコンパクトです。

デザインは通常ウェイファーラーとほぼ変わらないので、ファッション性と携帯性を兼ね備えた便利なアイテムです。

折りたたむ構造のため、耐久性について心配している人もいると思います。

そこで今回は、レイバンの折りたたみ式のウェイファーラーの耐久性にフォーカスして商品をご紹介します。

目次

「ウェイファーラー フォールディング」について

正式な商品名は「ウェイファーラー フォールディング」といいます。

品番は「RB-4105」。品番の後ろに「F」がついた、アジア人向けのフルフィットモデルはありません。世界共通の品番です。

価格は通常のウェイファーラーと同じで、ネットの最安価格は1万3千円くらいです。

メリットとデメリット

折りたたみウェイファーラーを実際に使って感じたメリットとデメリットをご紹介します。

メリット
デメリット
  • 胸ポケットに収納できる
  • 小さいカバンに入る
  • 通常のメガネより強度が低い
  • レンズに指紋がつきやすい

メリット

折りたたみウェイファーラーを使っていて感じたメリット次の2つです。

  • 胸ポケットに入れた状態で、かがんでもサングラスが落ちない
  • 小さいカバンにすっぽり収納できるから、持ち運びやすい

折りたたんだ時のサイズは「7.4cm×5.5cm×3.0cm(厚み)」。

胸ポケットに収納できるほどのコンパクトさです。

普通のメガネをシャツの胸ポケットに入れると、メガネが半分飛び出した状態になります。かがんだりジャンプしたりすると、メガネが飛んでいきます。

専用ケースのサイズは「8.4cm×6.6cm×3.7cm(厚み)」。コンパクトな長方形なので、カバンに収納しやすいです。

デメリット

便利なアイテムですが、次の2つのデメリットがあります。

  • 強い力が加わると蝶番が破損する
  • 折りたたむとき、広げるときにレンズに指紋がつく

強い力が加わった場合、普通のメガネなら変形するだけですむことがあります。折り畳みウェイファーラーの場合、折りたたむためのパーツ「蝶番(ちょうつがい)」が壊れる可能性があります。

実際に使っていて、煩わしさを感じるのはレンズの汚れです。開閉するとき、レンズに指紋がついてしまいます。

折りたたみ式ウェイファーラーは壊れやすい?

メガネで一番破損しやすい箇所が、開閉パーツである蝶番(ちょうつがい)。

折りたたみウェイファーラーは蝶番が6つあるので、破損リスクが高いと言えます。

携帯性は抜群ですが、通常ウェイファーラーより耐久性が低くなっています。

とはいえ、普通に使っていて壊れることはまずありません。壊れにくいように、ちゃんと考えられています。

折りたたみウェイファーラーの耐久性が高い理由は5つあります。

  • 割れにくい素材を採用
  • 蝶番パーツが分厚い
  • フロントに金属バーを採用
  • レンズに傷がつかない設計
  • 専用ケースが頑丈

樹脂素材が割れにくい

折りたたみウェイファーラーの素材は、ニューウェイファーラーと同じナイロン系樹脂。

ナイロン系樹脂の特徴は以下のようなものです。

  • 軽い
  • 丈夫で、劣化しにくい
  • 安っぽい質感

破損リスクが低い丈夫な素材です。普通に使っている分には耐久性に問題はありません。

樹脂の蝶番が分厚い

折りたたみウェイファーラーの蝶番は分厚く設計されています。これだけの厚みがあれば、割れることはありません。

丈夫な金属バー

フロントの折りたたみ部分は、金属バーが使用されていて、強度があります。

安い折りたたみ式のサングラスの場合、フロントのバーが樹脂製のことがあります。

テンプルがレンズに当たらない

テンプル(つる)を折りたたんだとき、レンズの裏側にテンプルが当たらないように、考えられて作られています。

テンプルがレンズにぶつかるとレンズが傷つく可能性があります。

専用ケースが頑丈

外側の合皮と内側のスウェード生地の間に芯材が張ってあるので、力が加わっても形を保持します

専用ケースは重厚感と高級感があり、カッコいいです。折りたたみウェイファーラーのケースは販売されていないので、なくさないように気をつけましょう。

強度があり、軽いので持ち運びに最適ですね。

折りたたみウェイファーラーのデザイン&サイズ&質感

折りたたみウェイファーラーと通常ウェイファーラーは様々な点で異なります。

RB4105 50RB2140-F 52
サイズ小さい大きい
デザイン丸っこい角がある
質感安っぽい高級感

2つの商品を比較しながら、折りたたみウェイファーラーの特徴を解説します。

サイズ感

折りたたみウェイファーラーは、通常ウェイファーラーよりひと回り小さくなっています。

丸っこいデザイン

折りたたみウェイファーラーは全体的に丸く、優しい印象を受けます。

女性でもかけやすいデザインだと思います。

質感

通常タイプと折りたたみタイプでは質感が大きくちがいます。

折りたたみタイプには通常ウェイファーラー(アセテート製)のような高級感はありません。

折りたたみウェイファーラーの色は真っ黒ではなく、グレーが混じった黒。塗料を吹き付けているのがハッキリわかる質感です。

他社の折りたたみサングラスとくらべると、綺麗な作りだと感じます。連結部分の段差や隙間はほとんどありません。

折りたたみウェイファーラーの掛け心地

折りたたみウェイファーラーの重量は35.2g。通常のウェイファーラーと比べると10グラム以上も軽いです。

軽いのですが、テンプル(つる)に弾力性はないので、掛け心地は良くありません。

最も注意しないといけない点は、鼻パッドが欧米人の鼻にフィットするように設計されていること

鼻盛りがないので、サングラスが顔にべちゃっと張り付き、まつ毛や頬がレンズに当たる可能性があります。

試着してから購入することをオススメします。

次の記事では、鼻あてに貼るタイプのズレ落ち防止パッドを紹介しているので、よかったらご覧ください。

折りたたみウェイファーラーの評判・口コミ

メガディアでは、レイバンの折りたたみウェイファーラーを購入した人の口コミアンケートを実施しました。

折りたたみウェイファーラーに関するリアルな声を公開します。

読者様からの口コミを踏まえた結果は次のようになります。

4.1
4.1 / 5スター (レビュー0件に基づく)
5段階評価の4.1(10件のレビューに基づく)
5:とても良い30%
4:良い50%
3:ふつう20%
2:悪い0%
1:とても悪い0%
あなたの意見を聞かせてください

【まとめ】折りたたみウェイファーラーは耐久性が高い

今回は、レイバンの折りたたみ式ウェイファーラーについて解説しました。

コンパクトに収納でき、軽くて携帯性に優れた便利なアイテムでありながら、クラシカルなデザインでちゃんとオシャレです。

ただし、折りたためる構造のため、通常のメガネよりは壊れやすいです。

ですが踏んづけたりしない限り、壊れる心配はありません。

折りたたみ式サングラスの中では、頑丈な部類に入ります。

折りたたみ式ウェイファーラーの耐久性が高い理由をまとめると次のようになります。

  • 壊れにくい素材を採用
  • 蝶番(ちょうつがい)は分厚く頑丈
  • フロントの蝶番は金属バーを使用し、強度アップ
  • 折りたたんだテンプルがレンズにぶつからない構造
created by Rinker
Ray-Ban(レイバン)
¥21,188 (2024/05/28 00:51:11時点 Amazon調べ-詳細)
PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログへ
シェアして頂けると嬉しいです。よろしくお願いします。
  • URLをコピーしました!
目次