メガディアについて詳しく知る

レイバンのニューウェイファーラー52と55どっちを買うべき?

  • 52サイズのレイバンサングラスが欲しい!
  • ニューウェイファーラーは種類が多くて、どれを選んだらいいかわからない
  • ニューウェイファーラーの52サイズと55サイズの違いは?

ニューウェイファーラーは2004年に発売された比較的新しいモデルです。名前の通り、ウェイファーラーを現代風にアップデートしたものです。

ウェイファーラーより小ぶりで顔に馴染みやすく、ナイロン樹脂製なので軽くて柔らかい掛け心地が人気です。

ニューウェイファーラーには次のようにたくさんのモデルがあります。

  • フルフィットモデル 55サイズ
  • フルフィットモデル 58サイズ
  • フルフィットモデル 52サイズ(廃番)
  • USフィットモデル  52サイズ

ニューウェイファーラーのフルフィットモデルは55と58の2つのサイズしかありません。以前は52サイズがありましたが、廃番になりました。

ただ、廃番の52サイズのニューウェイファーラーは楽天などでプレミアム価格で販売されています。現状、手に入りやすい52サイズはUSフィットの欧米モデルです。

今回は、ニューウェイファーラーの欧米モデルの52サイズとフルフィットモデルの55サイズを徹底比較します。

目次

アジアンフィットのニューウェイファーラー52は廃番

アジアンフィットのニューウェイファーラー(RB2132-F)52サイズは廃番になりました。

現在はプレミア価格で取引されています

アジアンフィットモデル(国内正規品)は、55サイズと58サイズの2サイズ展開です。55サイズのほうが圧倒的に人気があります。

現行モデルの52サイズのニューウェイファーラーは、USフィット(海外仕様)のものしかありません。RB2132 52サイズの並行輸入品は楽天やAmazonなどで購入可能できます。

「RB2132-F 55サイズ」と「RB2132 52サイズ」の比較

52と55はレンズの横幅(mm)のことです。

メガネにはサイズ表記があり、「レンズ横幅」「ブリッジ幅」「テンプルの長さ」の3つがテンプル(つる)の内側に記載されていることが一般的です。

「RB-2132-F 55サイズ」と「RB-2132 52サイズ」にはたくさんの違いがあります。

モデル番号の後ろに「F」がついているものがフルフィットモデルです。

  • サイズ感
  • レンズシェイプ
  • テンプル(つる)の長さ
  • 鼻幅・鼻盛りの形状
  • レンズ傾斜角

それぞれ詳しく比較していきます。

全体のサイズ感

下の画像は、同じ環境で52と55を撮影したものです。

55サイズは、縦にも横にも52サイズよりもかなり大きいです。

ウェイファーラーはサイズによって、デザインが全然違います。一方、ニューウェイファーラーの52サイズは55サイズをそのまま小さくしたデザインです。

52と55のサイズスペックは次のようになります。

52サイズ55サイズ
レンズ横幅52mm55mm
ブリッジ幅18mm18mm
テンプル長145mm140mm
レンズ縦幅36.5mm38.5mm
フロント全体縦幅41.1mm43.4mm
フロント全体横幅135.6mm141mm
左右テンプル内寸137.3mm142.5mm
重量34.8g39.2g

数ミリ単位の違いなのですが、メガネの数ミリは大きいです。掛けた時の印象や掛け心地にかなり影響します。

RB2132 52のサイズを記入した画像
RB2132-F 55のサイズを記入した画像

55サイズのほうが全体縦幅が2ミリ、全体横幅が5ミリほど大きいです。

左右のテンプルの内寸は5ミリ違います。

52サイズのほうが4.4g軽いです。

ニューウェイファーラー52サイズと55サイズの重さの比較
  • 52サイズが34.8g
  • 55サイズが39.2g

レンズシェイプ

ニューウェイファーラー52サイズと55サイズのレンズシェイプの比較

52と55では縦横比が少し異なります。並べて比較しないと形状の違いはわからないレベルだと思います。

52サイズは横長でシュッとしていますが、55サイズは丸っこいデザインです。

テンプル(つる)の長さ

ニューウェイファーラー52サイズと55サイズのテンプルの長さの比較

52サイズのほうがテンプル(つる)が5ミリ長いです。

  • 52サイズが145mm
  • 55サイズが140mm

鼻当て

ニューウェイファーラー52サイズと55サイズの鼻あての比較

52サイズは海外向け商品なので、鼻盛りが小さいです。下の画像でわかるように、鼻盛りがほとんどありません。

欧米人向けなのですが、鼻幅が18mmと狭いので、比較的フィットしやすいです。ある程度鼻筋が通っていれば、掛けられると思います。少なくとも、ウェイファーラーよりは掛けやすいです。

サングラスが似合うために一番重要なのは、サングラスが鼻を隙間なく挟んでいることだと思います。鼻が小さい人が大きいサングラスを掛けると、サングラスに掛けられているような印象になります。

また、海外仕様のサングラスをアジア人が掛けると、サングラスを鼻の頂上で支えられず、サングラスがズレ落ちます。

レンズ傾斜角

ニューウェイファーラー52サイズと55サイズのレンズ傾斜角の比較

55サイズのレンズはほぼフラットです。52サイズのレンズは傾斜していますが、傾斜が緩やかなので、レンズが頬に当たりにくいです。

【まとめ】ニューウェイファーラー52と55どっちがいい?

今回は「RB-2132 52(欧米モデル)」と「RB-2132F 55(フルフィットモデル)」について解説しました。

ウェイファーラー(ウェリントン型)はタイトに掛けてもゆったり掛けても様になります。

ですが、ニューウェイファーラーのようなデザイン(丸みを帯びたスクエア型)のサングラスはジャストサイズで掛けるのが一般的です。そのほうがスマートに見えます。

55サイズが大きい場合、妥協はしないほうがいいかと思います。

とはいえ、フルフィットモデルの52サイズが廃番となっており、心無い業者が価格を吊り上げて販売している状況です。

実質、選択肢は欧米モデル「RB2132 52」のみです。海外仕様のメガネは日本人に合わないことが多いですが、ニューウェイファーラーの欧米モデルは、日本人にも掛けやすいです。

RB2132 52(欧米モデル)は楽天のスマートバイグラスで購入可能です。スマートバイグラスの自社サイトで購入すれば、さらに安く買えます。

created by Rinker
¥15,361 (2024/05/27 13:58:24時点 楽天市場調べ-詳細)

わたしも実際にRB2132の52サイズをSmartBuyGlassesで購入しました。

created by Rinker
Ray-Ban(レイバン)
¥23,026 (2024/05/27 21:18:28時点 Amazon調べ-詳細)
PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログへ
シェアして頂けると嬉しいです。よろしくお願いします。
  • URLをコピーしました!
目次