メガディアについて詳しく知る

レイバンのRB2140-A 50サイズとRB2140-F 52サイズの違いを徹底解説!

レイバンのサングラスには欧米モデルとアジアモデルの2つのタイプがあります。

ウェイファーラーの場合、

  • 欧米モデルのRB2140
  • アジアモデルのRB2140-F

の2つの型番があります。

アジアモデルには「2140」の後ろの「F」がついています。

アジアモデルの「RB2140-A」という型番を見たことがあるかもしれませんが、「RB2140-A」は生産終了モデルです。

とはいえ、楽天などで今でも販売されている状況なので、「RB2140-A」と「RB2140-F」どちらを購入すべきか迷っている人も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、RB2140A(アジアンフィット)とRB2140F(フルフィット)を徹底比較します。

目次

レイバンのアジアンフィットとフルフィットモデルの違い

「A」はアジアンフィット、「F」はフルフィットの頭文字RB2140-FはRB2140-Aをさらに掛けやすく改良したモデルです。

レイバンの型番の見方については次の記事でくわしく解説しています。

改良モデルの「RB2140-F」は2013年頃から販売され始めました。モデルAからモデルFへ順次切り替わっていったので、「RB2140-A」と「RB2140-F」が混在するややこしい時期もありました。

現在、「RB2140-A」は廃番になり、アジア人向けの型番は「RB2140-F」に統一されています。

型番によってはフルフィットモデルが用意されていない場合もあります。たとえば、クラブマスターやアビエーターは欧米モデルしか存在しません。

RB2140A 50サイズとRB2140F 52サイズの比較

RB2140AからRB2140Fになって変更された点が3つあります。

  • 鼻パッドが大きくなった
  • テンプルが顔を抱き込むような形状になった
  • レンズの傾きが緩やかになった
スクロールできます
鼻パッドテンプルレンズの傾き
RB2140A平面状・小さい直線的きつい
RB2140F曲面状・大きいカーブ形状緩やか

それぞれくわしく解説します。

鼻パッドの比較

RB2140Fの鼻パッドのほうが、お鼻にフィットます。盛り上がりが大きく、曲面になっているからです。

鼻パッドの改良により、肌へのアタリも良くなり、鼻でメガネを支えやすくなりました。

テンプル(つる)の形状

テンプル(つる)の形状が異なります。RB2140Aのテンプルが直線的なのに対し、RB2140Fのテンプルはお顔を包み込む形状をしています。

改悪と感じている人が多い変更です。個人的にテンプルが直線的なRB2140Aのほうが掛けやすい、と感じます。

レンズ傾斜角の比較

RB-2140Aのほうがレンズが傾いています。レンズの傾斜角が強いと、頬に当たりやすいです。

RB2140ARB2140F
レンズ傾斜角20°15°

ちなみに、ニューウェイファーラーのレンズ傾斜はほとんどありません。ウェイファーラーとニューウェイファーラーの違いについては次の記事で詳しく解説しています。

RB2140A 50サイズの魅力

レンズ横幅50mmのRB2140-Aが好きだった人は多いと思います。50サイズはサイズ感がちょうど良く、ウェイファーラーらしい存在感はたっぷりです。

RB-2140Fは52と54の2つのサイズがあります。残念ながら、50サイズはありません。52と54のちがいについては次の記事でくわしく比較しています。

どうしても50サイズのウェイファーラーが欲しい場合、メガネフレームのウェイファーラー「RB5121F」に色付きレンズを入れる方法があります。

【まとめ】フルフィットモデルはアジアンフィットモデルの改良版

今回は、RB2140AとRB2140Fの違いについて解説しました。

「フルフィットモデル」は、「アジアンフィットモデル」をアジア人が掛けやすいように改良されたモデルです。

以前、レイバンのアジアンフィットモデルを購入して合わなかった人でも、今のフルフィットモデルなら掛けられるかもしれません。

鼻パッドが大きくなっているので、鼻の低い人でも掛けやすくなったことは間違いありません。

created by Rinker
Ray-Ban(レイバン)
¥27,610 (2024/05/27 17:09:17時点 Amazon調べ-詳細)
PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログへ
シェアして頂けると嬉しいです。よろしくお願いします。
  • URLをコピーしました!
目次