メガディアについて詳しく知る

オリバーピープルズの評判・口コミ・価格【人気モデルを徹底レビュー】

  • オリバーピープルズの品質は悪いの?
  • オリバーピープルズの人気にモデルを知りたい
  • 予算はどれくらい必要?レンズ料金は?

OLIVER PEOPLES(オリバーピープルズ)は、1986年創業したアメリカのアイウェアブランドです。

創業から現在まで、ヴィンテージフレームを忠実に再現したクラシカルで普遍的なデザインを守り続けています。

ハリウッドセレブやミュージシャンなど数多くの著名人に愛用されていて、おしゃれアイウェアの王様の地位に君臨しています。

今回は、世界中のファンを魅了し続けているオリバーピープルズの品質・評判・価格や人気モデルついてくわしく解説してきます。

目次

オリバーピープルズの品質

日本では「アイヴァン」が国内代理店として、オリバーピープルズのメガネの製造・流通・販売をおこなっていました。

この頃は、日本製で品質が良いうえに安かったので、お洒落メガネの定番として眼鏡通から圧倒的な支持を受けていました。

現在、オリバーピープルズはイタリアの眼鏡メーカー「ルクソティカ」の傘下にあり、以前とはまったく別のブランドのようになっています。

正直、オリバーピープルズのメガネの品質はよくありません。

一部のチタン製フレームは日本製ですが、ほとんどは外国製です。

ここでは、実際に購入したオリバーピープルズの品質をレビューしていきます。商品はすべて新品で、ヴィンテージや中古ではありません。

プラスチックフレームの品質

まずは、Gregory Peck(OV5186A)とLachman(OV5419U)。

全体的に仕上げが雑です。金具の周りは磨き残しがあり、丁寧に作られているとはいえません。

Gregory Peck OV5186A 蝶番部分の磨き
Gregory Peck OV5186
Lachman(OV5419U)

続いては、ウェリントン型のOsten(OV5416U)。テンプル(つる)内部の金属芯のメッキにクラックが発生しています

Osten OV5416Uの耳当て部分
Osten(OV5416U)

2枚の生地を使った張り合わせ生地によく見られる「反り」が発生しています。オリバーピープルズの生地はしっかり乾燥させていないため、変形しやすいです。

日本製フレームの場合、2枚の異なる生地を手間と時間をかけて均一に乾燥させるので、「反り」が生じにくいです。

メタルフレームの品質

ひとつめは、MP-2(OV1104)。彫金がグシャっとつぶれたような模様に見えます。しかもプラスネジのネジ頭がつぶれています。

オリバーピープルズのネジは柔らかいため、ネジ頭がすぐにつぶれます。

MP-2(OV1104)

眼鏡市場のレンズ込み2万円のベッドフォードホテルの彫金のほうが断然キレイです。ヴィンテージ風のメガネは彫金のクオリティーが命です。

繊細な彫金は上品な高級感を演出してくれます。

ふたつめは、OP505(OV5184S)。フロントとテンプル(つる)の接合部分がグラグラしています。

OP-505(OV5184S)

金具とフロントがピタッと合っていないので、ネジを強く締めてもグラつきは解消できません。

ちなみに左右レンズを固定するネジ部分もグラつきます。

オリバーピープルズのメタルフレームは、ほとんどがステンレス製。メッキの質感が安っぽく、台所のシンクのような質感です。

オリバーピープルズの価格

オリバーピープルズの定番人気モデルの価格は次のようになります。

型番価格(税込)
Sheldrake(OV5036A)35,750円
Gregory Peck(OV5186A)33,000円
Coleridge(OV1186)34,540円
OP-505(OV5184)41,800円
MP-2(OV1104)39,930円

フレーム価格は3~4万円くらいです。

オリバーピープルズを取り扱っているショップは、レンズ代が別の料金体系を採用しています。

オリバーピープルズのレンズ代

以前に比べると、いろんなショップでおリーバーピープルズを見かけるようになりましたが、基本的に格式の高いショップしかオリバーピープルズを扱っていません。

ファッションに特化したメガネのセレクトショップや都心部にあるパリミキで購入できます。

ほとんどのセレクトショップの場合、レンズ代は1万円くらいします

パリミキなら8,800円で超薄型レンズを選べます。低価格を実現できる理由は、800店舗以上ある大手のパリミキはレンズメーカーから大量にレンズを仕入れているからです。

ブランドメガネを買うなら、パリミキがオススメです。レンズ代が安く、スタッフの技術・知識レベルが高いです。

オリバーピープルズの人気定番モデル

オリバーピープルズのメガネは完成された定番デザインが多く、どのフレームもオシャレです。

とくに人気の高いモデルをいくつかご紹介します。

  • MP-2(OV1104)
  • OP-505(OV5184)
  • Gregory Peck(OV5186A)
  • Coleridge(OV1186)
  • Sheldrake(OV5036A)

MP-2(OV1104)

MP-2(OV1104)はブランド創業時に発売された不朽の名作の復刻モデル。オリバーピープルズの定番です。

非の打ちどころのない圧倒的な造形美。端正なレンズシェイプからは落ち着いた品格を感じます。

フロントがプラスチックのクラシックフレームはカジュアルな雰囲気になりがちですが、MP-2はメタルのリム(レンズを囲く枠)にプラスチックを巻いているので、カジュアルさがおさえられています。

「メタルのドレス感」と「プラスチックの温かみ」の両方の魅力を備えています。

濃淡がハッキリしたべっ甲柄とフレーム全体に施された彫金装飾によってヴィンテージテイスト満載。

男性も女性もかけられるミドルサイズも人気の理由のひとつです。

created by Rinker
OLIVER PEOPLES(オリバー ピープルズ)
¥35,680 (2024/04/24 09:10:47時点 Amazon調べ-詳細)

OP-505(OV5184)

OP-505(OV5184)は創業当時の人気モデルの復刻版。MP-2と並ぶオリバーピープズのツートップの一角です。

上の写真の商品は、OP-505 SUN(OV5184S)。サングラスタイプは型番のさいごにSがつきます。

フロント両サイドの金具パーツが特徴的なラグジュアリー感あふれるフレームです。

クリア系のグレーのツートンカラーのフロントや無色透明のクリア色の耳当てパーツがスタイリッシュな印象を与えます。

クラシカルなフレーム形状はそのままに、色味は現代風にアップデートされたモデルです

created by Rinker
OLIVER PEOPLES(オリバー ピープルズ)
¥35,680 (2024/04/24 09:10:47時点 Amazon調べ-詳細)

Gregory Peck(OV5186A)

Gregory Peck(OV5186A)はボストン型メガネの最高傑作と言っても過言ではありません。

フレームのラインがキレイな鉄板のモデルです。

ヴィンテージの雰囲気が強いキーホールブリッジが採用されています。キーホールブリッジとは、カギ穴のような形をした左右のレンズをつなぐブリッジのことです。

100年も前から存在するヴィンテージデザインながら、今でも色あせない魅力と品格に溢れる傑作です。

created by Rinker
Oliver Peoples
¥32,680 (2024/04/24 20:18:34時点 Amazon調べ-詳細)

Coleridge(OV1186)

Coleridge(OV1186)は比較的新しいモデル。現行モデルの中でベストセラーの一つです。

細身のメタルのボストン型は、かけると今っぽさを演出できます。

テンプル(つる)のみに彫金が施されたスッキリしたシンプルなデザインなので、ナチュラルにかけられます。

べっ甲柄とゴールドのアンティーク調のカラーリングは高級感があります。

OV-1186は外国製ですが、チタンフレームなので掛け心地が快適です。フレームのみ重量は12.9gと、とても軽いです

created by Rinker
Oliver Peoples
¥40,150 (2024/04/24 20:18:36時点 Amazon調べ-詳細)

Sheldrake(OV5036A)

Sheldrake(OV5036A)は、ボストン型とウェリントン型の中間くらいの形状をしています。オーソドックなオリバーピープズらしさが詰まった逸品です。

オリバーピープルズ公式サイトより スクショ

全体的に太めでヴィンテージ感が漂いつつも、野暮ったさをまったく感じさせない絶妙なデザインです。

オリバーピープルズ公式サイトより スクショ

丸みを帯びたウェリントン型の人気に火をつけたのは、Sheldrakeだと言われています。

現在、太めのプラスチックフレームがトレンドということもあり、オリバーピープルズの人気ナンバーワンモデルです。

created by Rinker
OLIVER PEOPLES(オリバー ピープルズ)
¥33,900 (2024/04/24 20:18:35時点 Amazon調べ-詳細)

オリバーピープルズが40代にオススメできない理由

クラシックフレーム全盛の日本では、オリバーピープルズのようなヴィンテージ感が強いデザインは、若者向けというイメージが定着しています。

40代以上のオトナが掛けると若すぎる印象になったり、オシャレを頑張っている感が出てしまいます。

同じアンティーク仕様のメガネでも、アンティーク感をおさえたものなら、オトナも上品にかけられます。

アンティーク感が強いメガネの特徴は次のようなものです

  • 色の濃淡がハッキリしている
  • べっ甲柄(黒と茶のまだら模様)
  • ボストン型(逆おにぎり型)
  • 彫金装飾が多い

下の2つのメガネは同じ構造をしていますが、雰囲気がぜんぜん違います。

オリバーピープルズ
JINS CLASSIC

落ち着いた色味で装飾がないJINSクラシックのほうがシンプルなので、40代の人でも掛けやすいと思います。

オリバーピープルズの評判・口コミ

Twitter上にあるオリバーピープルズのメガネの口コミをまとめました。

おしゃれ」「可愛い」「長持ちする」「眺めているだけで幸せ」「掛けると大人になった気がする」などの良い口コミしかありませんでした。

実際の口コミをみる

オリバーピープルズの評判は良いのですが、Twitterで着用画像を見ると、似合っている人は一人もいませんでした。

オリバーピープルズのメガネは欧米人の鼻の大きさに合わせて設計されています。日本人がかけると、鼻周りがスカスカになり、バランスが悪くなることが原因です。

オリバーピープルズのメガネをかけこなすには、欧米人並みの立派な鼻が必要なのです。下の画像のような、鼻の頂点の幅が広く、ボリュームのある鼻でないと、バランスが悪くなります

オリバーピープルズのメガネは、下の画像のモデルのような鼻にピッタリ合います。左右レンズの間に鼻が隙間なくはさまっています。

鼻パッドの針金パーツも鼻に合わせて曲げられない設計になっています。

鼻が低いと、オリバーピープルズのような海外のメガネを鼻で支えることができません。

鼻パッドの針金パーツを内側に曲げればフィットはしますが、正面から見たときに針金が丸見えになり、スマートではありません。

まとめ

今回は、オリバーピープルズのメガネについて解説しました。

大々的な広告により、メジャーな眼鏡ブランドの地位に君臨しています。

最近では、テニスプレーヤーのフェデラーと広告契約を交わして話題になっていました。

ただ、オリバーピープルズにはオシャレなイメージはありますが、見た目が安っぽく、品質はよくありません。デザインも欧米人向けで、日本人でオリバーピープルズをかけこなせるのはは鼻筋の通った人にかぎられます。

それに、オリバーピープルズはレイバンやトムフォードほどの知名度はありません。メガネが好きな一部の人しか知らないブランドです。ほとんどの人が知らないブランドに価値があるのか疑問を感じます。

ファンが多い人気ブランドなので、あまり言いたくありませんが、一度ほかのブランドと見比べてから購入を再検討することをオススメします。

PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログへ
シェアして頂けると嬉しいです。よろしくお願いします。
  • URLをコピーしました!
目次