メガディアについて詳しく知る

メガネのプレゼントの意味は?メガネをプレゼントする方法と注意点を解説

プレゼントを選ぶときに、「メガネってどうなんだろう…むずかしいんじゃないかな」と思うことはありませんか?

実はメガネはプレゼントとして贈るのにピッタリのアイテムなのです。

メガネ屋さんで働いていたとき、メガネを購入して、ハッピーになった人をたくさん見てきました。

今回は、メガネのプレゼントの意味とメガネをプレゼントする方法と注意点をご紹介します。メガネをプレゼントする意味を知ることでプレゼントしやすくなると思います。

目次

メガネのプレゼントの意味

プレゼントにはそれぞれ意味が込められていると言われます。

メガネは視力を矯正したり、まぶしさを軽減したりする医療器具という側面とファッションアイテムという側面があるので、メガネのプレゼントの意味はいろいろあります。

メガネをプレゼントする意味は次の6つです。

  • 一緒にお出かけして綺麗な景色を見よう
  • あなたの目の健康を祈っています
  • 趣味や勉強を応援しています
  • 新生活を応援しています
  • あなたの新しい魅力を発見したい
  • より素敵な人になってほしい

一緒にお出かけして綺麗な景色を見よう

視力が低下してくると視界がはっきり見えづらくなります

新しいメガネでスッキリ見えるようになると一緒にお出かけする友達や家族、恋人にメガネと合わせて素敵な景色をプレゼントすることができます

目が悪くてボヤけた視界のままだと、食事もおいしくなくなるものです。旅行先でおいしい食事を堪能するためにも、度の合ったメガネは必要です。

旅行先の温泉で使えるお風呂用メガネは喜ばれると思います。

あなたの目の健康を祈っています

度の合っていないメガネの使用や目が悪いのにメガネをかけていない状態は、目に負担がかかります。

あなたの周りに「目が疲れやすくなった」「最近、目の調子が良くない気がする」などと言っている人はいませんか?

そんなときは、相手の目の健康のために、メガネをプレゼントすると喜ばれると思います。

趣味や勉強を応援しています

趣味や勉強をしているとき、想像以上に目を酷使してることがあります。

趣味でつくっている動画の編集作業でパソコンをずっと見ていたり、ハンドメイドの作品をつくるときに手元を凝視していたり、資格取得や受験で長時間机に向かっていたりすると、目が疲れます。

身近にそんな人がいたらメガネを贈ることで、趣味や勉強を応援することができます。

テレビCMでお馴染みのハズキルーペは父の日・母の日・敬老の日によく売れます。

created by Rinker
ハズキ(Hazuki)
¥7,600 (2024/06/16 21:01:05時点 Amazon調べ-詳細)

新生活を応援しています

新生活が始まると今までと見る世界が変わります

学生だと入学、進級してクラス替えや席替えがあります。見えていた黒板の文字や掲示物が見えにくくなったと感じることがあります。

パソコンに慣れていない新社会人の場合、デスクワークによる目の疲れはキツいものです。会社員の場合、新しく参加するようになった会議で遠いモニターも見ないといけなくなり、見えにくさを感じることがあるかもしれません。

新生活に適応するためにはライフスタイルに合わせたメガネが必要です。

メガネをプレゼントして、大切な人の新生活を支えてあげましょう。

あなたの新しい魅力を発見したい

メガネは視力矯正のための道具というだけでなく、ファッションアイテムという側面があります。

メガネをかけることで、雰囲気を盛ることができます

メタルのメガネで知的な雰囲気をプラスしたり、逆に太めのプラスチックのメガネでラフな雰囲気を出してみたり、メガネを差し色にしてコーディネートに色味を加えたりできます。

ほかにもレンズを薄いカラーレンズにすることで、アンニュイな雰囲気を演出できます。

恋人の新しいメガネ姿に、いつもとは違った魅力を感じるはずです。

より素敵な人になってほしい

ブランドのメガネを身に着けることで、ステータスになったりもします。たとえば、トムフォードにはラグジュアリー感があり、シャルマンには気品や優美さがあります。

また、似合っているメガネはかける人の魅力を引き出します。メガネの印象とかける人の雰囲気がマッチしていると、より素敵に見えます。

好きな人にはもっと可愛く・カッコよくいてほしいもの。オシャレ好きな人にメガネのプレゼントはオススメです。

メガネ屋さんで一緒にメガネを選ぶ場合、メガネの掛け外しを手伝ってあげましょう。相手との距離が縮まります。

メガネ屋は意外とモテる職業です。スタッフを好きになるお客さんが結構います。お客さんのメガネの掛け外しをサポートするとき、距離が近くなるからではないか、と思います。

メガネをプレゼントするときの注意点

メガネはプレゼントに最適ですが、選ぶときには注意も必要です。

メガネをプレゼントするときに注意するポイントは3つあります。

  • サイズ・素材の問題
  • 似合わない問題
  • 度数問題

サイズ・素材の問題

メガネやサングラスにはサイズがあります。

サイズが合わないものを買ってしまうと痛みが出たり跡がついたりします。

それ以外にもメガネによっては素材が異なるため、アレルギーなどで肌に合わないと荒れてしまったり、かゆくなったりすることもあります。

そうなると、せっかくのプレゼントが台無しです

似合わない問題

メガネのデザインはとても重要です。

メガネのデザインはどれもよく似ていて違いがわからないという人も多いかと思います。しかし少しのデザインの違いよってイメージの変化が起こるものです

プレゼントを贈る相手のことをよく知っている場合、好きな色や、着ている服の系統、髪や瞳の色に合わせれば、ハズれのメガネを選ぶことはないかもしれません。

ただ、バッチリ似合うメガネをプレゼントするのはむずかしいと思います。

度数問題

敬老の日や母の日・父の日にルーペや老眼鏡をプレゼントする人が増えています。

ただ、ハズキルーペや既成老眼鏡をプレゼントする場合、相手に必要な度数がわからなくて困ると思います。

とりあえず買ったものの、いまいち度数が合わなくて使えなかったという話をよく聞きます。

メガネをプレゼントする方法|JINSと眼鏡市場のギフト券を解説|

さきの章で説明したメガネをプレゼントするときの注意点をふまえて、メガネのプレゼントを成功させる方法を3つご紹介します。

  • 一緒にメガネ屋さんに行く
  • 予算が決まっている場合、予算が立てやすい店で買う
  • 一緒に買いに行けない場合は、ギフト券を贈る

一緒に買いに行く

サイズ感や好みを確認するなら、本人と一緒にメガネ屋さんに行くのが一番です

一緒に行くことで、会話を楽しみながら選ぶこともできます

かかり具合の調整や度数の確認、レンズも本人希望のものを選んでもらえます。悩んだときにはスタッフに相談すれば、用途や普段の服装とのコーデを考えながら案内してくれます。

予算がある場合、予算が立てやすい店を選ぶ

お店によって料金体系がちがいます。レンズ代がセットの店もあれば、別料金になるお店もあります。ホームページを見ても値段を表示していない店もあります。

プレゼントの予算が決まっている場合、JINSや眼鏡市場などのセット料金のお店がオススメです。

値段が初めからわかっていれば予算が立てやすく、選びやすいですね。

あとからレンズのオプションをつけたい場合は追加料金が発生することがあるので注意しましょう。

一緒に買いに行けない場合はギフト券

サプライズでプレゼントしたかったり、離れている人にプレゼントしたりする場合、一緒にお買い物に行けません。そんなときにはギフト券での購入がオススメです。

プレゼントされた人は自分のタイミングでメガネを作成できます

たとえば、JINSのe-gift(Lineギフトのようなもの)や眼鏡市場のチャージ式のギフト券(現物)があったりします。

手渡しができる場合、眼鏡市場のギフト券なら他のプレゼントと一緒に渡せるのが良いですね。

ただ、遠方の方や気軽に渡したい場合、ネットで送れるJINSのe-giftが手軽に渡せるので良いでしょう。

まとめ

今回は、メガネのプレゼントに込められた意味とメガネをプレゼントする方法と注意点について解説しました。

メガネは視力矯正器具とファッションアイテムという2つの側面を持っています。そのため、いろんな人にいろんなタイミングで贈れるプレゼントです。

新生活・新学期・誕生日・クリスマス・記念日・敬老の日・父の日・母の日など、どんなタイミングでも喜ばれます。

この機会に一度プレゼントにメガネを検討してみてはいかがでしょうか。

PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログへ
シェアして頂けると嬉しいです。よろしくお願いします。
  • URLをコピーしました!
目次