メガディアについて詳しく知る

【プロが解説】ZoffとJINSの老眼鏡を徹底比較!

JINSとZoffは若者向けのショップというイメージがありますが、両社とも既成老眼鏡を販売しています。

メガネ本体やパッケージのデザインは老眼鏡とは思えないほどスタイリッシュです。

価格が5,500円と同じなので、どちらを購入したらいいのか迷っている人も多いのではないでしょうか。

結論から言うと、Nikon(ニコン)が製造しているので、Zoffの老眼鏡のほうが信頼できます。

今回は、JINSとZoffの既成老眼鏡をさまざまな視点で徹底比較していきます。

目次

ZoffとJINSの老眼鏡の比較

JINSとZoffの既成老眼鏡の特徴を表にまとめました。

スクロールできます
価格掛け心地ブルーライトカット製造メーカーメガネ本体の品質コンパクトさ度数展開
Zoff5,500なしNikon(ニコン)+1.00/+1.50/ +2.00
JINS5,50025%カットJINS+1.00/+1.50/ +2.00

両社の老眼鏡を次の6つの項目でくわしく比較していきます。

  • デザイン
  • 見え心地・掛け心地
  • レンズ品質
  • フレーム品質
  • 重さ
  • 付属品(携帯性)

デザイン

どちらもスッキリしたシンプルなデザインなので、自然体でさりげなくお洒落にかけられます。

こういう老眼鏡を待ち望んでいた人は多いのではないでしょうか。老眼鏡のイメージが変わるほどオシャレですね。

クリア系でスタイリッシュな印象があります。表情が明るく見え、若返り効果も期待できます

自分から言わなければ、誰も老眼鏡だと気づかないレベル。

どちらかというと、JINSの老眼鏡のほうが細身でオシャレだと思います。

パッケージも思わず手に取ってみたくなるデザインで、老眼鏡のネガティブなイメージを感じさせません。

見やすさ・掛け心地

JINSとZoffの老眼鏡は通常のメガネよりレンズに傾斜がついていて、鼻パッドの位置が低くなっています。

パッドが低いことでメガネが鼻の低い位置にかかります。

レンズが傾斜していることにより、下を向いたときに視線とレンズが垂直になるため、より良く見えます

老眼鏡のレンズ傾斜と視線の角度

掛け心地に関しては、Zoffの老眼鏡のほうがフィット感があります。しっかり頭をホールドしてくれるので、下を向いてもズレ落ちにくいです。

Zoffの老眼鏡はテンプル(つる)がお顔を包み込む形状をしています。

掛け心地の好みは人によります。

両社とも店頭でサンプルを試着できるので、かけくらべてフィット感を確認できます。

レンズの品質

JINSの老眼鏡はブルーライトを25%カットし、スマホやパソコン画面の眩しさを軽減してくれます。

老眼鏡としてだけでなく、ブルーライトカットメガネとしても使えます

Zoffの老眼鏡はブルーライトカット機能はありませんが、一流レンズメーカーNikon(ニコン)が製造しています。

世界的な企業が作っているので、安心感がありますね。

下の画像はZoffの老眼鏡のパッケージ裏面です。

Zoffの老眼鏡のパッケージの裏面
レンズカラー製造メーカー
JINS薄いブラウン中国メーカー
Zoff無色透明Nikon

メガネ本体の品質

Zoffの老眼鏡のほうがしっかりした作りです。

JINSの老眼鏡はフレームの枠にレンズがちゃんとハマっていません。

隙間があるため、メガネを開閉するときレンズとフレームが擦れてミシミシきしむ音がなり、安っぽい印象を受けます。

レンズが外れるわけではないので、大きな問題はありませんが、ちょっと気になります。

重さ

どちらも軽量樹脂を使用しているので、軽く仕上がっています。

度数+1.00の重さはわずか15gほど。

普段メガネを掛け慣れていない人でも違和感なく使えると思います。

重さのちがいは大きさによるものです。

付属品

どちらも布製のきんちゃく袋が付属します。

Zoffは無地なのに対して、JINSは可愛らしいイラストが入っています。

携帯性

JINSの老眼鏡のほうが折りたたんだときに薄くなります。

通常のメガネよりもコンパクトにたためる設計なので、携帯に便利です。

外出先へ持ち運びたい人にはJINSの老眼鏡がオススメです。

折りたたんだ状態の厚みは2倍くらいの差があります

created by Rinker
¥5,500 (2024/06/17 14:37:22時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
Zoff(ゾフ)
¥5,500 (2024/06/17 14:37:22時点 Amazon調べ-詳細)

ZoffとJINSの老眼鏡の種類

JINSとZoffの老眼鏡の商品ラインナップをご紹介ます。

バリエーション度数
JINS
全11種
・薄型1種類×2カラー
・オーバル型×3カラー
・スクエア型×3カラー
・ウェリントン型×3カラー
・+1.00
・+1.50
・+2.00
Zoff
全6種
・前掛けタイプ×2カラー
スクエア型×2カラー
・オーバル型×2カラー
・+1.00
・+1.50
・+2.00
・+2.50(オンラインのみ)

JINSの老眼鏡は全11バリエーションに対し、Zoffは全6バリエーション。

店頭在庫はどちらも3つの度数のみ。Zoffオンラインショップでは+2.50を取り扱っています。

JINS老眼鏡のバリエーション

JINSの老眼鏡には薄型と通常タイプの2種類あります。

下の画像の薄型タイプはコンパクトに折りたたむことができます。

薄型タイプ JINS公式サイトより
薄型タイプ JINS公式サイトより

通常タイプは3種類の形が用意されています。※価格は5,500円。

通常タイプ JINS公式サイトより

Zoff老眼鏡のバリエーション

Zoffの老眼鏡には前掛けタイプと通常タイプの2種類あります。

下の画像の前掛けタイプは普通のメガネとしても使えます。

前掛けタイプ Zoff公式サイトより

通常タイプはスクエア型とオーバル型の2種類が用意されています。

ZoffとJINSの老眼鏡の共通のメリット

JINSとZoffの既成老眼鏡のメリットは3つあります。

  • お洒落なデザイン
  • サッと購入できる
  • レンズの性能が良い

一見、老眼鏡には見えないスタイリッシュなデザインで、さりげなくお洒落にかけられます。

パッケージも見栄えがいいので、プレゼントに最適ですね。

パッケージ商品なので、検眼することなくサッとお手軽に購入できるのは、急いでいるときに助かります。

100均や安物の老眼鏡とくらべて高いと感じるかもしれませんが、JINSとZoffの老眼鏡は性能の良いレンズを使用しています。

通常のメガネ用のレンズ素材を使用しているので、クリアで歪みが少なく視野が広いです。

100均や安物の老眼鏡のレンズはアクリル。メガネ屋さんに展示してあるメガネにもともとついているデモレンズと同じ素材ですね。

100均の老眼鏡については次の記事でくわしく解説しています。

ZoffとJINSの老眼鏡の共通のデメリット

JINSとZoffの既成の老眼鏡のデメリットは3つあります。

  • +1.00、+1.50、+2.00の3度数しかない
  • 左右のレンズの度数が同じ
  • レンズの中心と眼の中心位置が合わない

度数展開が少ないので、自分に合うものが見つからないかもしれません。

既成老眼鏡は左右の度数が同じです。左右の度数が違う人が使うと、片方の目にストレスがかかります。

左右同じ度数の人であっても、乱視があれば見え方に違和感が出てしまう可能性があります。

メガネ屋さんのメガネは瞳の位置とレンズの光学中心を合わせて作りますが、既成老眼鏡は自分の瞳の位置とレンズの光学中心を合わせられません。

既成老眼鏡は間に合わせ的にちょっとしたときに使う程度がいいと思います。

まとめ

今回は、JINSとZoffの老眼鏡について解説しました。

JINSとZoffの老眼鏡は、楽天やAmazonなどで販売されているモノより品質が高いです。

両社の既成老眼鏡を比較してきて、「今さらそんなことを言うの?」と思われるかもしれませんが、出先で急に必要になったケースをのぞいて、既成老眼鏡を購入するメリットはないと思います。

なぜなら、JINSやZoffでは自分の度数に合わせたオーダーメイドの老眼鏡を5,500円で作れるからです。

既成老眼鏡はちょっとの使用なら問題ありませんが、細かい作業や読書などを長時間する場合にはオススメできません。

メガネ屋さんで検眼して自分に合わせた老眼鏡を作成するのがベストです。

created by Rinker
Zoff(ゾフ)
¥5,500 (2024/06/17 14:37:22時点 Amazon調べ-詳細)
PVアクセスランキング にほんブログ村
にほんブログ村 ファッションブログへ
シェアして頂けると嬉しいです。よろしくお願いします。
  • URLをコピーしました!
目次